白シャツとジーンズのシンプルコーデを格好良く着こなす方法

ミニー番長
こんにちは。身長143cmのミニー番長 ことぶき よしえ です。

低身長・小柄さん向けファッションアドバイザーとして活動しています。

白シャツにジーンズというシンプルなコーデ。

嫌いな方はいらっしゃらないと思います。

そして、格好良く着こなしたい、と誰もが思うコーデなのではないしょうか?

小柄さんだって、いけますよ~

今回は、その方法を具体的にお伝えいたします!

白シャツとジーンズのシンプルコーデを格好良く着こなす方法

骨格タイプに合わせるのが近道。

わたしの骨格タイプは、上半身を横から見たときに厚みがある(正面から見るとウエストラインにメリハリがない)ストレート。

骨格ストレートさんは、厚手の綿100%のシャツと、同じく厚手でストレッチが効いていないストレートデニムがスタイルよく見えます。
 
今回のコーデがまさにソレです!
 
 
さて、他の骨格タイプはどうすればよいか、というと…
 
 
上半身を横から見たときに薄い(正面から見るとウエストラインにメリハリがある)ウエーブタイプ。
 
骨格ウエーブさんは、シャツを薄手で透け感がある柔らかな素材(とろみシャツってヤツです)に、デニムは足のラインを拾うスキニーがオススメです!
 
 
最後に、全身、筋肉や脂肪よりも、関節が目立ったりと、骨っぽさを感じる(どちらかというと中性的に見える)ナチュラルタイプ。
 
骨格ナチュラルさんは、ラフでカジュアルスタイルが得意なので、そのままでシャツ&デニムはバッチリお似合いです。
 
その中でも、今トレンドのオーバーサイズのシャツもバランスよく着こなせますし、デニムもワイドやベルボトムなど、ゆったりデザインもイケます。
 
う、うらやましい~
 
 

シンプルな白シャツでも、いろんな着こなしができる。

白シャツの裾をウエストインするかどうかでも、変わってきますよ。

 
全部アウト、前イン、前半分インの3パターンでも比較してみました。

本当に少しの違いですが、意外と印象変わると思いませんか?

 

ボタンを掛け違えてみる。

ちょっと上級者編かもしれません。

シャツのボタンをずらして1か所だけ留めました。

ラフで動きがあって、本当は違和感があるはずなのに、自然に見えるから不思議。

上のコーデ写真は白シャツではありませんが、同じようにアレンジ可能です。

普通の白シャツだって新鮮に見えちゃいます。

ボタンのズレさえ、最初からそういうデザインだったように。

今のオシャレって許容範囲が広いんです。

 

こうした細かい工夫を楽しめるようになると、少ないワードローブでも着回せるんですよね~。

そんなオシャレも、目指してみませんか?

ちょっと勇気を出して、一度挑戦してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。









小柄なわたしから
小柄なあなたに
伝えたいこと

あなたが
どんなに小柄コンプレックスを抱いていても、
サイズの合う服がなくてオシャレを諦めてしまっていても、
小柄であることはあなたの魅力です。
あなたは、そのままのあなたで、もっとオシャレになれます。
扉はいつでも開いています。
あとはあなたが飛び込むだけです。

本当のサイズ感を
あなたはまだ知らない



何を着てもしっくりこないなら、
サイズが合っていないのです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ミニー番長こと、ことぶき よしえです。身長143cmと超小柄のアラフォー女です。体形コンプレックスやサイズ制限によって、オシャレの選択肢が少なくなっている同じような小柄さんたちの助けになりたい!その想いから「外見コンプレックス克服ファッションアドバイザー」として活動しています。